PR

竹内涼真は「運動神経」抜群!身体能力の高さに秘められたサッカー少年の歴史

男性芸能人
この記事は約6分で読めます。

「サッカー少年からスクリーンのヒーローへ」。

運動神経抜群の竹内涼真さんは、その清潔感あふれるルックスと自然体の演技で、多くの人々を魅了してきました。

子どもの頃からボールを追いかけていた彼は、怪我によりサッカーの夢を断念しましたが、その情熱をスクリーンへと転じさせます。

この記事では、竹内さんが持つ素晴らしい運動神経と、それがどのようにして彼の俳優業に生かされているかを探ります。

竹内涼真さんの運動神経の良さが彼の演技にどう影響しているのか、その魅力の秘密に迫ります。

是非最後までご覧ください!!

【スポンサーリンク】

竹内涼真プロフィール

出典:ENCOUNT
本名竹内 崚(たけうちりょう)
生年月日1993年4月26日
血液型A型
出身地東京都町田市
デビュー時期2013年
主な主演作仮面ライダードライブ、下町ロケット、陸王
君と世界が終わる日に、六本木クラス
【スポンサーリンク】

竹内涼真のスポーツ経験:サッカーへの情熱と転機

サッカーへの情熱

竹内涼真さんは、幼い頃からサッカーに情熱を注いでいました。

ポジションはDFで、将来有望されるほどのサッカー少年であり、運動神経はプロ級のポテンシャルを持っていることがわかります。

4歳からサッカーを始め、ヴェルディサッカースクール相模原に所属。

小学校時代

小学校時代の動画が
「モナ王」ウェブムービー「家族をつなぐモナ王STORY」でYouTubeでUPされていました。

中学時代はジュニアユース、
高校では東京ヴェルディユースに所属していました。

各メディアで竹内涼真さんの生い立ちやサッカー経験の話は多く語らえています。

16歳当時

東京ヴェルディユースはJリーグの東京ヴェルディの下部組織チームで、
日本有数の非常に高いレベルのチームです。

中学のユース時代の監督からは「日の丸を付けられる才能は持ち合わせていた」と絶賛されるほどの実力を持っていました。

編集者
編集者

彼のテレビで見せる運動神経の高さの裏付けには十分な情報ですね!
アクションも高い精度で行う、容姿と身体能力を掛け合わせた俳優なのも納得です!

大学時代:怪我とプロへの道の断念

竹内さんのサッカーに対する情熱は、彼が大学に進学しても続きました。

彼はスポーツ推薦で立正大学に入学し、サッカーチームで活躍していました。

しかし、20歳の時に右足首に大けがを負ったことで、プロサッカー選手への道を諦める事になります。

この時の心境を竹内さんはインタビューで次のように答えています。

「プロを目指していました。今通っている大学にも、サッカー推薦で入学しています。
ただ、周囲には同年代で日本代表に選ばれている仲間もいる。彼らの実力を見ていたら、自分がプロになれることはないなということを悟ったんです」

引用:週刊文春

芸能界への転身

サッカーを続けるかどうか悩んだ末に、「サッカーを嫌いになりたくない」という理由から、サッカーを辞める決断をしました。

その後、芸能界に興味を持ち、2013年に行われた女性ファッション誌「mina」の
男性キャラクターを募集する「minaカレオーディション」でのグランプリ獲得し芸能界の道への歩み始めます

mina2018年9月号(主婦の友社)

現在のサッカーの実力

俳優としてのキャリアをスタートさせた後も、竹内さんはサッカーを続けており、フットサルなどでその技術を披露しています。

彼のサッカーの実力は「日本代表級」とは言えないまでも、高い技術を持つことが多くの動画からも分かります。

【スポンサーリンク】

竹内涼真の体作り

竹内涼真さんの俳優としての体作りは、
彼の映画やテレビドラマでの活躍において重要な要素となっています。
以下は、彼の体作りに関する詳細をまとめました。

アクションシーンの準備

竹内さんは、アクションシーンのための準備を重視しています。
海外撮影の2ヶ月前から本番を想定しながら稽古を行っていました。

彼は、アクションシーンの準備が重要であると学んだと述べており、危険を伴う撮影において、集中して準備し、信頼関係を築くことが重要だと語っています。

竹内涼真のインスタグラム(@takeuchi_ryoma)

体作りの哲学

彼は体作りを「髪形と一緒みたいな感じ」と表現しており、役に応じて理想の体型に近づけるよう努力しています。

食事が体作りの約6~7割を占めると考えており、トレーニング後の食事が特に重要だと語っています。

健康的な食生活を心がけており、トレーニングの効果を最大限に引き出すために、食事内容にも注意を払っています。

役のための体作り

竹内さんは、役に合わせて体型を調整することを重視しています。

彼の役作りは、役に必要な体型や特徴を理解し、そのために体作りを行うことを含んでいます。
彼はこの点で、自分の役に一生懸命に取り組んでいると言えます。

出典:中日新聞WEB
【スポンサーリンク】

運動神経が活かされたミュージカル

彼はミュージカル「17 AGAIN」で主演を務め、35歳の男性から17歳の運動神経バツグンな少年に変身する役を演じました。

この役柄は、竹内さんの柔軟な身体能力と運動神経の良さを前面に出したもので、観客に大きな印象を残しました

以下概要を記載します。

概要

『17 AGAIN』は、2009年にアメリカで製作されたコメディ映画『セブンティーン・アゲイン』を原作としています。
この映画は、35歳の男性が17歳の若者に戻り、人生をやり直そうと奮闘する姿を描いたコメディー・ドラマです。

出典:インプレサリオ

ストーリー

主人公マイク(竹内涼真)はハイスクールバスケットボールのスター選手。大学スカウトが見守る試合で、彼の未来は輝かしいはずでした。

しかし、恋人スカーレット(ソニン)の妊娠を知り、彼はすべてを捨てて彼女との生活を選びます。

35歳になった彼らの結婚は破綻し、子どもたちには失望されます。

不思議な現象に巻き込まれたマイクは、17歳の頃の姿に戻り、再び高校生活を送ることになります。

この過程で、彼は家族との関係を修復しようとします。

出典:2.5ジゲン!
キャストと役柄
  • 竹内涼真:マイク(主人公、元ハイスクールのスター選手)
  • ソニン:スカーレット(マイクの妻)
  • エハラマサヒロ:ネッド(マイクの親友)
  • 桜井日奈子:マギー(マイクの娘)
  • その他、実力派キャストが多数出演
音楽と演出
  • 音楽:エネルギッシュなポップ・ロック曲
  • 演出:谷賢一による翻訳と演出
  • 公演時間:約2時間50分(休憩含む)

ダイジェスト版の動画がありました。
肉体美と運動神経の高さがうかがえる内容になっておりますね

【スポンサーリンク】

まとめ

  1. サッカーへの情熱と怪我による転機
    • 幼少期よりサッカーに情熱を傾ける。
    • 東京ヴェルディユースに所属し、プロを目指すが、怪我により断念。
  2. 芸能界への転身
    • サッカーを辞めた後、女性誌「mina」のオーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。
    • 俳優デビュー後もサッカーの技術を維持し、フットサルなどでその才能を発揮。
  3. 俳優としての体作り
    • アクションシーンのために徹底した体作りを実践。
    • 食事とトレーニングのバランスに重点を置く。
  4. ミュージカル『17 AGAIN』での活躍
    • 35歳の男性が17歳の若者に戻る役を熱演。
    • エネルギッシュなポップ・ロック曲に合わせたパフォーマンスで注目を集める。

竹内涼真さんの運動神経、俳優としての努力、そして多才な才能が彼を今日の成功へと導いています。

今後も彼の活躍に期待していきましょう!!

コメント

error: Content is protected !!