PR

大谷翔平の新通訳は日本出身「ウィル・アイアトン」WBC選手でもあった彼の情報をまとめました

アスリート
この記事は約5分で読めます。

野球ファンなら誰もが知る大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースのスター選手、大谷翔平。

彼の隣には常に通訳がいますが、今シーズンからその重要な役割を担うのがウィル・アイアトンです。

では、ウィル・アイアトンとは一体どんな人物なのでしょうか?

【スポンサーリンク】

大谷翔平の新しい通訳、ウィル・アイアトンとは?

名前ウィル・アイアトン(Will Ireton)
生年月日1988年12月21日
年齢35歳 (2024年3月現在)
出身地日本 東京
国籍フィリピン
両親日系アメリカ人の父とフィリピン人の母
学歴ミッドパシフィック高校、メンロー大学
所属ドジャース
所属詳細編成部・(選手能力開発)、(通訳)

ウィル・アイアトンは、1988年12月21日生まれの35歳。

出身は東京で、日系アメリカ人の父とフィリピン人の母を持ち、国籍はフィリピンです。

ミッドパシフィック高校を卒業後、メンロー大学で学び、野球選手としてもアジアカップフィリピン代表に選ばれるなど、文武両道の才能を発揮してきました。

ドジャースでのキャリア

ドジャースには2016年から所属し、最初は前田健太選手の通訳を務めていました

徐々に球団内での役割を広げ、現在はパフォーマンスオペレーションマネージャーを務めています。

彼の職務は、選手育成のデータ分析やパフォーマンスの向上に関わる業務を担うという、球団にとって非常に重要なものです。

ウィル・アイアトンの豊富な経験と多才な能力は、現在の大谷翔平選手だけでなく、ドジャース全体にとっても大きな財産となっています。

彼の人柄やプロとしての姿勢は、チームメイトやファンからも高く評価されています。

ウィル・アイアトンの経歴詳細

学生時代の活躍と受賞歴

ウィル・アイアトンは、学生時代からその才能を発揮していました。

2007年にハワイ州のミッド・パシフィック高校を卒業すると、
カリフォルニア州・メンロー大学では国際ビジネスを専攻し、成績優秀な学生に与えられる最優秀賞を受賞。

GPAは3.91という驚異的な数字を残しました。
※GPAとは、「Grade Point Average」の頭文字を略した言葉で、欧米の高校や大学などで一般的に使われている成績評価の指標。

GPAの平均値2.6でした。標準が2.4〜2.8程度、3以上あるとかなり優秀、最高数値は4です!

また、夏休みを利用してはロサンゼルスやアイダホ州でのサマー・ベイスボール・リーグに参加し、野球選手としても着実に実力をつけていきました。

プロ野球選手としてのWBC参加

野球におけるウィルの経験は、アマチュアに留まりません。

2012年には、フィリピン代表としてIBAFアジア・カップに出場し、さらにはWBCフィリピン代表選手としてもプレイ。

国際舞台での経験を積み、その後のメジャー通訳としてのキャリアにも大いに役立てています。

吉本興業での職歴

2015年には、ウィル・アイアトンはさらに多才な一面を見せ、エンターテイメント業界へと進出。

吉本興業株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーに入社し、お笑い芸人ではなくスポーツマネジメント業務を担当していました!

ここでも彼は、野球選手としてだけでなく、ビジネスマン、マネージャーとしてもその能力を発揮しました。

【スポンサーリンク】

ドジャースにおけるウィル・アイアトンの貢献

通訳としての役割

ウィル・アイアトンがドジャースにおける役割は、単に言葉を翻訳する通訳にとどまりません

前田健太選手の通訳を務めた経験を持つウィルは、選手との強い信頼関係を築き、チームメイトやコーチ、メディアとの橋渡し役として重要な役割を果たしています。

彼の人柄と専門知識が、チーム内での円滑なコミュニケーションを支えています。

パフォーマンスオペレーションマネージャーとしての業務

また通訳業務だけでなく、ウィルはパフォーマンスオペレーションマネージャーとしても大きな貢献をしています。

この役職は、彼のために特別に創設されたもので、選手の能力開発やデータ分析、戦略立案などを担当。

フリードマン編成本部長からも高い評価を受けており、ドジャース球団にとって欠かせない存在となっています。

ウィル・アイアトンは、その多才な能力と人柄で、ドジャース内外における多くの人々から信頼と尊敬を集めています。

彼の活動は、大谷翔平選手の新しい通訳としての役割に留まらず、球団全体の成功に寄与していますね。

【スポンサーリンク】

大谷翔平選手との今後の関係

数々の経験し、ドジャーズ内の中枢機関である「パフォーマンスオペレーションマネージャー」を務める彼が

世界NO1プレイヤー「大谷翔平」の新しい通訳としてタッグを組みました。

最強の肉体と最高の頭脳のコンビは双方の更なる活躍に繋がる事は安易に想像できますね。

今回急な対応に新通訳として白羽の矢が立った「ウィル・アイアトン」さんですが、彼の人懐っこい性格とプロフェッショナリズムは、これからの大谷選手とのコンビにとっても大きな強みになることでしょう。

既にドジャース内での信頼は厚く、ウィルが大谷選手の野球人生においてもポジティブな影響を与えることが期待されています。

彼らの関係がチームの雰囲気にどのように貢献し、どんな新たなストーリーを生み出すか、ファンならずとも注目せずにはいられません。

【スポンサーリンク】

まとめ

ウィル・アイアトン、多才な人物の全貌

ウィル・アイアトンの経歴を振り返ってみると、彼がどれだけ多才であるかが明らかになります。

日本とフィリピンのルーツを持ち、アメリカで育った彼は、野球選手としても、学者としても、そしてエンターテイメント業界でのキャリアを経て、スポーツマネジメントにおいても卓越した才能を発揮してきました。

大谷翔平選手とウィル・アイアトン、注目の新コンビ

ウィル・アイアトンが大谷翔平選手の通訳を務めることになった今、二人のコンビはただの選手と通訳の関係を超え、新たな化学反応を生み出すことが期待されています。

ウィルの豊富な経験と人間性が、大谷選手のさらなる活躍を支えるでしょう。

また、彼らの関係は、チームメイトやファンにとっても新鮮な楽しみを提供するはずです。

この新しい役割で、彼と大谷選手がどのように輝くのか、野球ファンならずとも目が離せません。

コメント

  1. […] ウィル・アイアトンは、1988年生まれの日系アメリカ人。フィリピン国籍を持ち、野球選手としても実績がある。2016年からドジャースに所属し、前田健太の通訳を経て現在はパフォーマンスオペレーションマネージャーを務める。選手育成のデータ分析やパフォーマンス向上に関わる重要な業務を担っている。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の新しい通訳は「ウィル・アイアトン」!?… […]

  2. […] ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の新しい通訳に就任したウィル・アイアトンは、1988年生まれの35歳。東京出身で、日系アメリカ人の父とフィリピン人の母を持つ。ミッドパシフィック高校、メンロー大学を経て、アジアカップフィリピン代表に選ばれた経歴を持つ。2016年からドジャースに所属し、当初は前田健太選手の通訳を務めていたが、現在はパフォーマンスオペレーションマネージャーとして、選手育成のデータ分析やパフォーマンス向上に関わる重要な役割を担っている。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の新しい通訳は「ウィル・アイアトン」!?… […]

error: Content is protected !!