PR

「すずめの戸締まり」声優の原菜乃華、子役から日本アカデミー女優までの経歴を徹底調査※2024年最新

女性芸能人
この記事は約6分で読めます。

若手女優人気急上昇中の原菜乃華さん

彼女のデビューは子役から始まっていることはご存じでしたか?!

子役から、女優・声優とキャリアを積み、
ミステリと言う勿れ日本アカデミー賞新人賞
すずめの戸締まりで声優アワード新人賞と受賞する実力の持ち主です。

この記事では、子役時代からの彼女の軌跡を追っていきます。

最後までお楽しみください!

【スポンサーリンク】

原菜乃華プロフィール

名前原菜乃華
生年月日2003年8月26日
出身地東京都
身長161cm
血液型A型
デビュー年2009年
所属事務所トライストーン・エンタテイメント
出演作品「どうする家康」「推しの子」「ミステリと言う勿れ」等
趣味ドラマ・映画鑑賞
特技水泳
受賞2024年 日本アカデミー賞新人俳優賞・声優アワード新人賞
出典:Wikipedia
【スポンサーリンク】

原菜乃華 子役時代

原菜乃華さんの子役時代は、彼女が演じた多様な役柄を通じて、その演技力を広く認知させるきっかけとなりました。

子役時代のプロフィール写真

情報番組「おはスタ」にて【おはガール】に抜擢。
当時13歳の中学生

【スポンサーリンク】

本名と家族の背景

原菜乃華さんは、父親、母親、そして11歳年下の妹という4人家族のもと、
東京で育ちました。彼女の家族構成は、彼女の人生とキャリアにおいて重要な役割を果たしています。

出生と家族

家族構成
原菜乃華さんは、愛情深い父親、母親、そしてかわいらしい妹と共に、温かい家庭環境の中で育ちました。
家族からの強いサポートが、彼女の演技キャリアへの情熱を育みました。

出生の詳細
彼女は東京都で生まれ、幼少期から芸能界で活躍する夢を持っていました。
家族は彼女の夢を全力で支え、子役としての第一歩を踏み出すための基盤を築きました。

本名は!?

本名は芸名と一緒「原菜乃華」

【スポンサーリンク】

経歴 出演作

テレビドラマ

デビュー後多くのドラマに出演しておりますが、ここでは一部抜粋しております。

  • デビュー作
    浅見光彦シリーズ28 高千穂伝説殺人事件〜歌わない笛〜(2009年10月5日)
  • タクシードライバーの推理日誌26(2010年1月23日)
  • 朝が来る(2016年6月5日 – 7月31日)
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 episode.2(2017年4月18日)
  • ナイト・ドクター(2021年6月21日 – 9月13日)
  • 真犯人フラグ(2021年10月10日 – 2022年3月13日)
  • 大河ドラマ どうする家康 第44回 – 最終回(2023年11月19日 – 12月17日)

ナイト・ドクター

波留さんが主演、「ナイト・ドクター」夜間救急を舞台に繰り広げられる医療ドラマ
新キャストとして、月9に出演!

『どうする家康』での千姫役:時代劇への挑戦

原菜乃華さんが演じる千姫は、徳川家康の孫娘であり、歴史的な架け橋としての重要な役割を担います。

この役での彼女の演技は、初の時代劇出演にして大河ドラマへの初参加であり、彼女のキャリアにおける新たな地平を開きました。

【スポンサーリンク】

出演映画

テレビドラマと同じく映画も多くに出演しておりますが、ここでは一部抜粋しております。

  • 地獄でなぜ悪い(2013年9月28日)
  • 3月のライオン(2017年3月18日・4月22日)
  • はらはらなのか。(2017年4月1日)
  • 罪の声(2020年10月30日)
  • ヘルドッグス(2022年9月16日)
  • ミステリと言う勿れ(2023年9月15日)
  • 恋わずらいのエリー(2024年3月15日公開予定)
  • 【推しの子】(2024年冬公開予定)

これらの作品における彼女の演技は、幅広い役柄と深い感情表現で評価されています。

『地獄でなにが悪い』(2013年)

地獄で何が悪いの作中内で、ガガガ歯磨きのCMキャラクターとして出演しています。

作中でも重要な役割をしていますね
当時10歳です。

はらはらなのか(2017年)

13歳の新星として、映画初主演を務めた作品。
彼女の名前が世に知り始めるポイントとなった作品でもあります

ミステリと言う勿れ(2023年)

菅田将暉主演作 映画「ミステリと言う勿れ」でヒロイン役を抜擢され好演。

ネクストブレイク筆頭女優として、注目された作品です!

【スポンサーリンク】

【推しの子】実写ドラマ&映画出演

YOASOBIの楽曲「アイドル」は誰もが聞いたことがある曲ではないでしょうか?

社会現象にもなった楽曲のアニメ「推しの子」が実写化され、主要メンバーの一人として出演します

【スポンサーリンク】

声優としての才能

ターニングポイントの一つとして声優業もあげられます。

『すずめの戸締まり』での岩戸鈴芽役:声優としての才能

2022年11月に公開された『すずめの戸締まり』では、主人公・岩戸鈴芽を演じることで、原菜乃華さんは自身の声優としての幅広い才能を披露しました。

動画でも覚悟を決めた年であり、作品であると語っています。

【スポンサーリンク】

第47回日本アカデミー賞」の新人俳優賞受賞

【スポンサーリンク】

第18回声優アワードで新人声優賞 「すずめの戸締まり」

今後の彼女の活躍に注目しましょう!

【スポンサーリンク】

まとめ

  • 子役時代からのスタート: 原菜乃華さんの演技キャリアは子役としての早期から始まり、演技への深い理解と表現力を育みました。
  • 本名とアイデンティティ: 彼女の本名とその背景は、芸術的表現に深く影響を与えており、彼女のステージ名はそのアイデンティティを象徴しています。
  • 『どうする家康』での千姫役: 大河ドラマでの役割は、初の時代劇出演となり、彼女のキャリアに新たな地平を開きました。
  • 『すずめの戸締まり』での岩戸鈴芽役: アニメ映画での声優としての挑戦は、原菜乃華さんの多様な演技能力を示し、キャリアの幅を広げました。
  • ターニングポイント: これらの役柄は彼女のキャリアにおける重要なターニングポイントとなり、新たな表現の可能性を示しました。
  • 今後の活躍への期待: 原菜乃華さんは、これらの経験から得た自信と才能により、今後も多くの人々を魅了し続けることでしょう。

コメント

error: Content is protected !!