PR

永野芽郁と広瀬すずの不仲説を検証しました。朝ドラ女優のライバル関係

女性芸能人
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

永野芽郁広瀬すず、2人の関係に一体何が起こったのでしょうか?

これは、多くのファンやメディアが最近尋ねている疑問です。

かつて親友として知られ同じ雑誌のモデルを務め、似たキャリアパスを歩んできた2人の間に、突如として不仲の噂が浮上しました。

この記事では、その背景と真相に迫ります。

【スポンサーリンク】

永野芽郁と広瀬すずのプロフィール

芸名永野芽郁広瀬すず
本名永野芽郁大石鈴華
生年月日1999年9月24日1998年6月19日
出身地東京都西東京市静岡県静岡市
身長163cm159cm
血液型AB型AB型
職業女優、タレント女優、ファッションモデル
活動開始2009年2012年
事務所スターダストプロモーションフォスタープラス
【スポンサーリンク】

ライバル視:競争の始まり

永野芽郁と広瀬すずは、
同じ雑誌セブンティーン」のモデル出身で、
NHKの連続テレビ小説でヒロインを務めるなど、類似したキャリアパスを歩んできました。

2018年、
永野は『半分、青い。』で、
翌年2019年
広瀬は『なつぞら』で主演を果たし、2人の間の競争が始まりました

紅白歌合戦での緊張関係

NHK紅白歌合戦での共演は、2人の関係に新たな局面をもたらしました。

永野が審査員広瀬が紅組の司会を務めたこの番組で、2人の亀裂が深くなったと言われています。

また、舞台裏では2人を近づけないよう配慮されるほどのピリピリした空気が漂っていたと報じられています。

【スポンサーリンク】

不仲説の根源

2人の不仲説は、さまざまな要因に起因しています。

一部報道では、永野が広瀬を朝ドラ女優として上回ったことが不和の要因の一つとされています。

また、彼女たちの
「キャラ被り」が共演NGの理由として指摘されています。

複雑な感情と業界の反応

永野と広瀬はもともと仲が良かったとされ、
互いに「すずちゃん」「めいめい」と呼び合う仲でしたが、
永野の『半分、青い。』の大ヒットにより、2人の関係に亀裂が生じました

業界内では、2人の競争が話題になり、彼女たちを比較する「究極の二択」ゲームが流行するなど、
噂が大きくなり、ひとり歩きしているのかもしれません。

共演の可能性

現在は、永野と広瀬の共演がNGとされていますが、芸能界の関係者の間では、この状況がいつまで続くのか、また2人が再び共演する日が来るのかに注目が集まっています。

2人のキャリアの進展とともに、関係の変化も見守られています。

【スポンサーリンク】

結論

永野芽郁と広瀬すず、共に「セブンティーン」のモデル出身でNHK朝ドラのヒロインを務めるなど、類似したキャリアを持つ若手女優です。

彼女たちの関係は、競争心の火種となり、特に2018年末のNHK紅白歌合戦での共演時に緊張関係が明らかになりました。

「キャラ被り」が不仲説の一因とされ、現在は共演NGとなっています。
この関係性は芸能界で大きな注目を集め、彼女たちのキャリアと関係の今後の展開に関心が寄せられています。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!