PR

BE:FIRST【リーダー的存在】レオの経歴を紹介。avex育成生からデビューまで

男性アーティスト
この記事は約7分で読めます。

BE:FIRST(ビーファースト)の心強いリーダー、レオは、avexの育成プログラムから『THE FIRST』オーディションの舞台を経て輝く道を切り拓いた努力家です。

彼の家族から受け継いだ音楽愛、克服した挑戦、そしてグループ内での中心的役割は、レオが今日に至るまでの強い精神力と才能の証。

この記事で、レオの軌跡、家族の影響、そしてBE:FIRSTとしての活躍に焦点を当ててています

最後までお楽しみください

【スポンサーリンク】

BE:FIRST:レオ プロフィール

アーティスト名LEO (レオ)
本名上村礼王 (カミムラ レオ)
生年月日1998年9月8日
出身地東京都
身長179cm
血液型O型
趣味映画鑑賞、料理、散歩、ドライブ
影響を受けた楽曲エミネム『Lose Yourself』
【スポンサーリンク】

初期経歴とavexでの活動

レオは、BE:FIRSTのメンバーとして注目を集める前から、音楽とダンスの世界で経験を積んでいました。

彼の芸能活動は、avexでの育成プログラム参加に始まります。

avex育成生としてのスタート

avexアーティストアカデミー東京校に2014年から通っており、
その後2017年から2020年までの3年間、エイベックスに練習生として正式に契約していました。

この期間は、レオがプロのエンターテインメント業界で活動を開始し、技術を磨いた重要な時期でした。

avexアーティストアカデミーは、歌、ダンス、演技など、エンターテインメント業界で活躍するためのスキルを学べる場所です。

有名な卒業生として、浜崎あゆみ・倖田來未と歌姫と呼ばれた歌手を輩出しており

また、後にオーディション「THE FIRST」を手掛ける、SKY-HIさんを要する
男女混合グループ AAA(トリプルエー)もアカデミーの卒業生です。

SKY-HIとの関わり

「Don’t Worry Baby Be Happy」MV出演

SKY-HIの楽曲「Don’t Worry Baby Be Happy feat. STAMP」のミュージックビデオに出演。

この経験は、レオにとって大きな転機となり、後の「THE FIRST」オーディションへの参加へとつながりました。

※レオは曲後半のダンスパートで、赤いジャケットを着た青年です

レオの初期の経歴は、彼が音楽とダンスの道を深く探求するための土台を築きました。

avexでの訓練とプロジェクトへの参加は、彼の才能を形成し、BE:FIRSTでの成功への道を開く重要なステップとなりました。

【スポンサーリンク】

家族背景と支援

レオの音楽への道は、彼の家族背景と密接に関わっています。

特に、兄のShotaはレオの音楽キャリアに大きな影響を与えています。

兄Shotaの影響

ダンサーとしての活動

レオの兄であるShotaは、プロのダンサーとして活動しており、レオにとって音楽とパフォーマンスの世界への大きな影響源となっています。

兄のステージに触発され、レオは自身も音楽の道を志しました。

※動画のトロフィーを持っているのが、兄のshotaさんです。

祖父からの励まし

オーディションへの挑戦

レオが「THE FIRST」オーディションに挑戦する際、祖父から大きな励ましを受けました。

家族からのこのような支援は、レオがオーディションに臨む上での大きな力となり、自信を持って挑戦することができました。

家族からの深い支援と愛情は、レオが音楽の道を進む上で欠かせない要素となっています。

兄の影響でダンスと音楽の世界に興味を持ち、祖父の励ましで大きな挑戦に踏み出す勇気を持つことができたレオは、家族の支えのもとで成長し、BE:FIRSTのメンバーとして輝くことになります。

レオの「THE FIRST」オーディションにおける詳細な活躍と成長について、さらに詳細に書き直しました。

【スポンサーリンク】

「THE FIRST」オーディションでの活躍と成長

レオは、「THE FIRST」オーディションにおいて、類稀なる才能と圧倒的な成長を見せつけ、BE:FIRSTの一員となりました。

彼の活躍は、各審査を通じて顕著に表れました。

審査ごとの成長軌跡

2次審査

初めての大きな壁に直面しながらも17位にランクイン。この段階で、レオは自己表現の幅を広げるためにさらなる努力を重ねることを誓いました。

3次審査

音楽への深い理解と表現力の向上により、3位という躍進を遂げました。レオの成長が明確に現れた瞬間であり、彼の可能性が開花し始めたことを示しています。

クリエイティブ審査

ここでは4位という結果を残し、自身のアイデンティティを音楽に反映させる能力を示しました。レオは自己の音楽性を確立し始め、審査員からの信頼を得ました。

擬似プロ審査

この段階で8位となり、プロとしての厳しい環境下でも自身のパフォーマンスを維持できることを証明しました。

合宿最終審査

最終的に2位に輝き、BE:FIRSTメンバーとしての資格を十二分に示しました。レオの才能、努力、そして成長の旅は、この結果を通じて頂点に達しました。

SKY-HIからの絶賛

SKY-HIはレオの才能に対し、「その声が欲しかった」と絶賛しました。

レオは、オーディションを通じて自身の声質と音楽性を最大限に活かし、多くの人々を感動させました。

彼の音楽への愛着と愛情は、彼が目指すアーティスト像を明確にし、彼のパフォーマンスに深い表情をもたらしました。

レオの「THE FIRST」オーディションでの活躍は、彼がBE:FIRSTのメンバーとして、そして個人として大きく成長する重要なきっかけとなりました。

その過程で見せた多面的な才能と、音楽に対する絶え間ない情熱は、今後の彼の活動に大きな期待を抱かせます。

【スポンサーリンク】

オーディション合格、BE:FIRSTデビュー

【BE:FIRST合格】レオの音楽旅の始まり

①最終オーディションの輝き

BE:FIRSTのレオは、オーディションプロセスを経て、その才能を認められ「BE:FIRST」のメンバーに選ばれました。

彼のオーディションは、緊張感溢れる中での圧倒的なパフォーマンスにより、見事に審査員を魅了しました。

特に、オーディションでの人間性と個性が光り、メンバーとしての選出に至りました。

②衝撃のデビュー

BE:FIRSTとしてのデビューは、レオにとってもグループにとっても記念すべき瞬間でした。

メンバーとしての結束力を高めながら、彼らは音楽シーンに新たな風を吹き込みました。

デビュー曲「Shine Bright」は、グループの希望と野心を表現し、多くのファンに愛される楽曲となりました。

③レオの特徴的な楽曲3選

レオはBE:FIRSTの楽曲の中で、特に以下の3曲においてその才能を発揮しています:

「Shine one」

BE:FIRSTのプレデビュー曲。グループの希望と未来への意志を示す楽曲で、レオの魅力的なボーカルが光ります。

「Gifted.」

デビュー曲でもあり、彼らの多様性と才能を前面に出した曲。
レオはこの曲で、グループ内での彼の独特な役割を確立しました。

「Brave Generation」

新しい世代へのメッセージを込めた楽曲で、レオのパワフルなパフォーマンスが際立っています。

これらの楽曲は、レオがBE:FIRSTとして、また個人として持つ独自性と才能を示す素晴らしい例です。

最後に、

レオの音楽旅路はこれからも続きます。

BE:FIRSTとしての成功を足掛かりに、彼が音楽界でさらに大きな足跡を残していくことを、多くのファンが心待ちにしています。
彼の今後の活躍に期待が寄せられています。

⇓⇓プロデューサー:SKY-HIさんの詳細はこちらから⇓⇓

コメント

error: Content is protected !!